次世代型ライフスタイル変革サービス

“移住”をもっと“簡単”に“easy移住”はじまる

TEL : 024-954-5248

※お気軽にご連絡ください。

Q&A/よくある質問

移住についてどこに相談すればいいですか?

メールまたはお電話にてお問い合わせください。

また内容によって、今後のユーザー様に情報共有できるよう本Q&Aコーナーに記載させていただきます。

『移住』とは何ですか?

『移住』とはその名の通り、『移り住むこと』です。

同義語として『地方定住』と呼ぶこともありますが、基本的に出身地などから縁もなく遠く離れた田舎や地方都市に移り住むことを『地方移住』と定義しております。

『移住』って、何がどうなるの?

『移住』には種類があります。


出身地から他の地方地域に移住する『Iターン(アイターン)』

地方出身者が就学や就職を機に首都圏に来て、就職や結婚、出産を機に出身地である地方地域に戻り暮らす『Uターン(ユーターン)』

地方出身者が就学や就職を機に首都圏に来て、就職や結婚、出産を機に出身地とは違う別の地方地域に移住する『Jターン(ジェイターン)』


昨今、都会とは違う環境に身を置いて生活したいという人が増えております。

地方自治体は若者の首都圏への流出により人口が減少している為、首都圏から移住してきてくれる人を募集してます。


ここで問題なのが、地方自治体の移住者向けの情報が探しにくいことです。

自治体は移住者向けに様々な特典や待遇を用意して若者や子育て世帯を待っています。


若者からするととってもおトクで、様々なチャレンジをしやすい場が『地方』なのです。

これからは地方で自分らしいライフスタイル作って活躍する事がカッコイイ時代になります。

『IJIIJU〜easy移住〜』って何ができるの?

『Iターン(アイターン)』

『Uターン(ユーターン)』

『Jターン(ジェイターン)』

をするにあたり、当然情報が欲しいですよね。


その情報、調べるのが面倒だったりするとやる気が無くなり、移住へのモチベーションはダウンしますよね。

そこで東日本で移住者を募集している自治体の情報を横断的に比較し閲覧できるポータルサイトを作りました。


それが『IJIIJU〜イジイジュ〜』です。


移住のハードルは高く、若者が移住するとすれば必ず仕事と住居はセットで用意しなければ移住できません。

現在準備中ですが、『イジイジュ』では地方移住支援ポータルサイトとして『easy移住(移住を簡単に)』をコンセプトに、移住のハードルを下げる為の情報とマッチングサービスを今後提供していきます。

地方ってどんなところ?

首都圏出身の方からは「地方=田舎」という認識や偏見がある方も多くおりますが、実際には地方にも都市部があります。

必ずしも、山や畑ばかりでコンビニもないというような、不便な場所ではありません。


もちろん、自然溢れる代わりにお店も街路灯もないエリアも多く存在します。

しかし、自然が身近にある事によって、仕事終わりや週末にスキーやキャンプ、サーフィンと言ったアウトドアを楽しみながら生活できます。

都会でバリバリ働いて忙しい毎日で精神的に病んでしまう生活を送っている方は、地方での生活を「新しい生き方の選択肢の一つ」としてオススメします。

地方って仕事はあるの?

地方でも首都圏にあるような製造業やサービス業が多くあります。


また、雇用環境としても労働人口が減っている為、人材不足の状況です。

中小企業では後継者問題もありますので、若者は売り手市場です。


一方、IT企業やクリエイティブやメディア関連の仕事は少ないので、

そのような職種を希望される場合には、首都圏での仕事を持って、

テレワークにて地方で生活するという方法も御座います。


逆に農業や林業、漁業といった一次産業が地方には数多くあります。

これらの業界に興味がある場合には、特に労働者が足りていない環境ですので、

首都圏から移住して1次産業で働きながら暮らすというのも一つです。

地方って住む場所はあるの?

現在、全国的に人口減少による空き家率が高まっております。

アパートやマンション、戸建て、古民家などの空き家が数多く存在しているので、選択肢は多くあります。


魅力的なのは、首都圏と比べて家賃が安く、間取りが広い、駐車場がセットになっているという点です。

生活コストが下がり、趣味や学びに時間を割いて充実した生活をするといった事が可能になります。

地方って電車がないんでしょ?移動はどうするの?

その通りです。


電車が走る本数は首都圏より圧倒的に少なく、終電の時間も早いです。


その為、基本的な移動手段は車となります。

地方では車の保有率が「家庭に1台」ではなく、「1人に1台」です。


道路事情が心配になるかと思いますが、車線が広い事と、人口も過密ではないことから、あまり渋滞はおきません。


通勤においても基本は車通勤となり、満員電車よりもリラックスして通勤できます。

車内で好きな音楽やラジオを聴きながらリラックスして通勤する事ができます。

通勤時間も短く、自宅から勤め先への通勤時間の平均は30分圏内というデータもあります。

地方で自己実現として様々なチャレンジや起業をしたいけど支援とかはあるの?

現在、地方では新しい産業が生まれにくい状況です。

地方自治体としては地域経済を活性化させたい為、「地方に移住して、お店や会社を経営してみたい」「自己実現をする為に起業してみたい」といった起業家に対して様々な優遇処置の施策を設けています。


このような施策をうまく活用すれば、やりたかった事を実現するためのハードルを下げることができます。

地方であなたがチャレンジし活躍する事は、その地域の人や社会にとってもプラスになります。

首都圏だと生活コストが高くて結婚や子育てができないけど地方はどうなの?

現在、地方では少子高齢化の影響を受け、子どもが減少し、学校の統廃合が進んでいます。

若い世代には地方にどんどん移住してもらって、結婚や子育てをしてもらいたいのです。


その為、地方自治体は「移住」や「子育て」の費用について助成制度を数多く設けています。

子どもの養育費である学校関連や病院の費用なども18歳まで無料というような自治体もあります。


また、地方では幼稚園や保育園の待機児童問題などもあまりありません。

首都圏で子どもを預けられず困っているというのは地方では考えられません。


家賃などの生活コストの低さもあって、子どもを産み育てる事に対して経済的な負担も減りますので、

子どもを多く欲しいというご家庭であればオススメです。

地方って出会いはあるの?

勿論あります。


当然、首都圏より人口は少ないですが、若い世代で未婚の人も多くいます。

若年で結婚をする人が多いのが地方の特徴でもありますが、皆が皆早く結婚をする人ばかりではありません。


昨今では、地方都市での『街コン』イベントが数多く、地方自治体が運営しているイベントもあります。

キャンプ場やスキー場・海・農業・林業など、地方ならではの場所や環境を活かした楽しいイベントも数多くあります。


結婚して家庭を持って落ち着きたい、子どもが欲しいという人は、地方で様々な場所でオープンに出会いましょう。

地方は若者が結婚し子どもを産んで育てる事を最大限にバックアップする姿勢があります。

contact/お問い合わせ先

お悩みが解決できなかった方は下記へご連絡ください。

TEL: 024-954-5248

平日9:00~18:00 (年末年始・祝日を除く)

株式会社アルストロメリア

担当:髙橋 翔までご連絡ください。